トップページ » 太陽熱集熱器 » ヒートパイプ太陽熱集熱器HRJ
ヒートパイプ太陽熱集熱器HRJヒートパイプの構造
ヒートパイプ太陽熱集熱器
ヒートパイプの構造

ヒートパイプ太陽熱集熱器HRJ

ヒートパイプ太陽熱集熱器の動作原理
真空管は太陽光を熱エネルギーに転換します。そしてその時熱がひれによって銅でできた熱パイプの外へいき、液体に転換されます。最後にエネルギーはヘッダー内部のヒートパイプの終端に放出されます。熱が液体内部に転換されタンクの水を温めてエネルギーを得るのです。

ヒートパイプ太陽熱集熱器の特徴
1.加圧作動で真空管の中には水はないので、水垢や、管の爆発はおこりません。
2.既存の管につなぐことができ、建物と完全に一体化することができます。
3. 94%から96%の吸収率と5×10-4 Paの真空度の国際薄膜技術をもつ真空管:耐用年数は15年未満になることはありません。
4.ヒートパイプ集熱器はSolar KeymarkとCEの品質保証に合格し、EN12975標準にみあっています。

ヒートパイプ太陽熱集熱器の技術的特徴
1. 真空管

長さ 1800MM
構造 Glass-glass
外側チューブの寸法 58±0.7MM
外側ガラスチューブの厚み 1.8±0.15MM
内部チューブの寸法 47±0.7MM
内部ガラスチューブの厚み 1.6±0.15MM
材質 Borosilicate glass 3.3
塗膜層 AIN/SS-AIN/CU
真空度 P≤5.0X10-4
最高温度 270℃ ~300℃
熱損失 ≤0.6W/( ㎡℃)
定格圧力 0.6pa

2. 太陽熱集熱器
型番: HRJ12/18
真空管モデルl:¢58×1800mm
真空管の量 (pcs): 12
集熱器領域 (m2):1.76
内部タンク容量(L):1.61
寸法(L*W*H):1990*1217*134mm
熱湾曲層素材: ポリウレタン
骨組み/枠の素材:6063T5
ヒートパイプの仕様: ¢8*0.8mm銅管

ヒートパイプ集熱器 製品仕様

品番 外形寸法(㎜) (㎜) 設置角度 吸収面積(㎡) 真空管 水タンク 質量(KG) 積載量(Set)
長さ(㎜) 直径 数量 容量(L) 平均断熱厚さ(㎜) 20'GP 40'GP
HRJ-12/1.8 1030×1977×150 15~90° 1.2 1800 φ58 12 0.66 30 48 80 160
HRJ-16/1.8 1318×1977×150 15~90° 1.6 1800 φ58 16 0.88 30 62 60 120
HRJ-20/1.8 1606×1977×150 15~90° 2.0 1800 φ58 20 1.10 30 76 50 100
HRJ-24/1.8 1894×1977×150 15~90° 2.4 1800 φ58 24 1.32 30 90 40 80
HRJ-28/1.8 2182×1977×150 15~90° 2.8 1800 φ58 28 1.54 30 104 30 60
HRJ-32/1.8 2470×1977×150 15~90° 3.2 1800 φ58 32 1.77 30 118 25 50
HRJ-36/1.8 2758×1977×150 0~90° 3.6 1800 φ58 36 1.98 30 132 25 50
お問合せ