トップページ » 太陽熱温水器 » 加圧式バルコニー給湯システム
加圧式バルコニー給湯システム

加圧式バルコニー給湯システム

加圧式バルコニー給湯システムは当社の新しい製品です。この給湯システムは設置高さや設置モジュールの制限がほとんどありません。加圧式バルコニー給湯システムの最も大きな利点は、給水量が豊富で、即熱水温水が得られるため、快適です。その為、お客様の様々な要求に合わせる熱水温水の供給が可能です。また、自己点検システムにより、加圧式バルコニー給湯システムの安全操作を保証します。

加圧式バルコニー給湯システムの主な特徴
1. 加圧式水タンクは温度循環装置を装備し、温度パイプライン循環装置の位置は制限されません。
2. 感応式ボタンと大型LCD カラフルな画面が付属されて、水温度や作業状態を画面にはっきり表示することができます。これらの機能はインテリジェント制御と自動操作を通じて実現します。
3. 加圧式水タンクは水タンクのエナメル技術、Mg棒と電子陽極の二重防食技術の採用により、優れた防食性を持っています。その為、当社のモジュールのパイプラインおよび部品は危険性がありませんので、ご安心して使用することができます。

加圧式バルコニー給湯システムの動作原理

加圧式バルコニー給湯システムは集熱器、水タンク、パイプライン、ソーラーステーションから構成されています。温度循環はコントローラーセット内の異なる温度によって完成されています。集熱器と水タンク間の温度差がsolar stationの始動温度より高い場合、solar stationは媒質がパイプライン中へ流れる作業を始まります。その結果、熱は水へ伝達します。温度差がsolar stationの終了温度より低い場合、ソーラーステーションは作業を停止します。この過程を繰り返しながら、加圧式バルコニー給湯システムが動作します。

加圧式バルコニー給湯システムの技術仕様

バルコニー給湯システムの仕様表
品番 水タンク 容量 水タンクのサイズ 熱交換面積 数量 コレクター1個当たりの寸法 輪郭開口部面積
内側 外側
HTI-I-120-00 φ380 φ480 120L φ480×1275 0.32㎡ 1 piece 2290×1052×156 1.9㎡
HTI-I-150-00 φ380 φ480 150L φ480×1535 0.38㎡ 2 pieces 1790×1052×156 2.9㎡
HTI-I-200-00 φ416 φ520 200L φ480×1780 0.52㎡ 2 pieces 1990×1025×156 3.3㎡
お問合せ